キングダムと春秋戦国時代の歴史辞典

趙の名将である廉頗を紹介します。最強の武将と評価される事もありますが、どれ程の武将なのでしょうか?
マカロン
ナポレオン
HOME

廉頗とは

キングダムで根っからの武人として登場する廉頗を紹介してみたいと思います。ちなみに、廉頗と言うのは史記の廉頗・藺相如列伝に乗っています。

しかし、その大半は藺相如との友情が描かれています。尚、廉頗・藺相如列伝には、趙奢と李牧の話しも一緒に収録されています。廉頗と言うと老将軍というイメージがあり、三国志の黄忠のようなイメージがないでしょうか?
これについては老齢になっても戦で活躍したからではないかと思っています。

廉頗の初登場

史記における廉頗の初登場は、趙の恵文王の36年です。

この年に斉を討って陽晋を取る、そして上卿になると言う記述があります。これまでの間、廉頗が何をしていたのかの記述は一切なく出自に関しても分かりません。しかし、藺相如に対してはじめ傲慢に振舞ったりしているあたり、プライドはかなり高い人物だったように思えます。

それを考えると、貴族とか王族の出身なのかも知れません。しかし、これらは想像にすぎません。恵文王の36年の前年が燕の将軍である楽毅が燕・趙・魏・韓・秦の5カ国連合軍を率いて斉を壊滅させた年です。斉を破った時に、燕軍だけは斉に残ったとされていますが、趙・魏・韓・秦の軍は帰国したと言われています。

しかし、もしかして楽毅が連合軍を率いた時に、趙の将軍として兵を率いたのが廉頗だった可能性もあります。そして、連合軍は解散したが、単独で斉の陽晋を攻め落とした可能性もあるのではないでしょうか?

キングダムだと李牧は宰相として描かれていますが、廉頗は根っからの武人として描かれています。しかし、実際には廉頗は趙の相国になるなど、政治に関しても大きく関わっていた記述があります。

逆に李牧の方が根っからの武人として描かれているのです。

藺相如と刎頸の交わり

廉頗が上卿になった後に、問題が起きます。趙には「和氏の壁」という国宝級のお宝がありました。秦が和氏の壁に目を付けて「15城と交換しよう」と言ってきます。

これに対して趙の宮廷では揉めました。和氏の壁だけ与えても15城を本当にくれるのか分かりませんし、交換しないと言えば、言いがかりをつけて趙に攻め込んでくる可能性があったからです。この時に一人の男が秦に使者として行くことになりました。それが藺相如です。

それまでの藺相如は趙王が気に入っている宦官の家来であり身分は高くありませんでした。しかし、宦官が藺相如を推薦して、趙王は大いに気に入ります。そこで、藺相如が秦に和氏の壁を持って使者として秦に行くわけです。藺相如は秦王(昭王)が15城と和氏の壁を交換する気がない事を見破り激怒して、秦王に壁を受け取るために5日間、身を清める事を要求します。

秦王はしぶしぶ従い、5日が過ぎたのですが、藺相如は自分の家来を変装させて、和氏の壁を持って趙に帰らせてしまいます。もちろん、秦王は激怒しますが、これにも藺相如は堂々とした態度で答え最後は、秦でもてなしを受けて帰国しました。趙は和氏の壁は秦に渡しませんでしたし、秦も15城を趙に渡しませんでした、見事に壁を全うして帰ったので、「完璧」と言う言葉の語源になったとされています。

他にも、高価な代物に対して「連城の壁」と言う言葉も生まれました。ちなみに、この時に藺相如に趙王は感動を覚えて大臣に抜擢されます。その後、秦王が趙王と会見を要求した時にも、藺相如は従事しています。この時も、秦王の何癖を見事にはねのけて大活躍した事から、趙王は藺相如を上卿に任命します。

さらに、位を廉頗よりも上にしたのです。これに対して、廉頗は面白くありません。「藺相如を会ったら辱めてやる」と言っていたとされています。それに対して、藺相如は廉頗と事を構える事をしませんでした。ある日、藺相如が廉頗と事を構えない理由が、廉頗と自分が争う事は国家の利益にならない事だと考えている事を知ります。その考えに知った廉頗は自分のやった事の罪深きことを悟り、いばらの鞭を背負い藺相如の屋敷に行ったとされています。

そこで、藺相如と深く語り合い、友好を深め、「あなたのためなら首を刎ねられても悔いはない」と言う事で「刎頸の交わり」を結びました。史記の廉頗の記述は、藺相如との友情の分部で大半を占めています。

廉頗と長平の戦い

その後も廉頗は功績を立てて趙において重用されていました。

恵文王が死去した後も、次代の孝成王にも重用されていたようです。しかし、長平の戦いがキーポイントとなります。秦が韓を攻めた時に、韓の上党の地が孤立してしまいました。首都がある新鄭は南の方にあるのですが、秦が中間の地帯を攻め落としてしまったので、上党の地が孤立してしまったのです。この時に、韓は上党の地は韓が維持できない事を悟り秦に割譲することにしました。

しかし、上党の太守は「瓶をひっさぐる智の、酒器を失わず」と言い意地を見せます。つまり、「水をくむしか能のない物でも酒器は無くさない」という意味です。ここで一策を考え出し、上党の地を秦ではなく趙に渡すことを考えます。つまり、趙と連合して秦とぶつかると言う考え方です。

趙の方でも上党を受けるのか断るのかで宮廷で意見が別れました。平原君は「ただで広大な土地が手に入る受け取った方がいい」と言い、「平陽君は秦が攻めてくるのは明白だから断った方がいい」という意見でした。結局、孝成王は平原君の意見を採用して上党の地を貰い受ける事にしました。この時に、受け取りに行ったのが廉頗です。廉頗が接収に行ったと言う事は、廉頗も平原君と同じ考えで受け取りに賛成だったのかも知れません。

もちろん、秦はもらえるはずの領土を趙に取られてしまった事から怒って攻めてきます。ここに戦国時代最大の戦いである長平の戦いが始まるわけです。この時に、兵力で言えば趙軍の方が多かったようですが、戦いになると秦軍が強く廉頗は戦うたびに敗れました。ただし、敗れたと言っても大敗をしたわけではなく、局地戦で負けたと言う事です。その後、廉頗は城に困って出撃しなくなりました。これが2年間続いたとも言われています。この2年間に渡って籠城を決め込んだのには、様々な説があり外交の変化を期待したとか、秦軍の疲れを待ったなどの説があります。しかし、秦軍は決定的な勝利を収めることが出来ません。

もちろん、これに対して秦王の顔色は悪くなるわけです。しかし、それ以上に顔色が悪い人がいたわけです。それが、趙の孝成王なのです。さらに、秦からの間者で「廉頗は年老いた秦が本当に恐れるのは趙活(名将・趙奢の息子)」という噂も広まっていました。噂を広めるのは秦の宰相である范雎辺りが流したのでしょう。これを信じた孝成王は廉頗を将軍から解任してしまいます。代わりに趙活が将軍になるわけです。

この時、藺相如は重病でした。しかし、これは趙の存亡の危機と言う事を悟り、廉頗の解任に反対します。しかし、孝成王としてみれば廉頗と藺相如は仲がいいからかばったと思ったか、藺相如の言う事を聞きませんでした。藺相如も元気な時だったら、孝成王を一括してしまった可能性もありますが、この時は重病でありそこまで対抗できなかったのでしょう。

さらに、趙活の母親が孝成王に面会を求めて趙活を将軍にするのに反対しました。それでも、孝成王は趙活を将軍にしてしまい結局、趙軍は大敗してしまい40万の兵士を生き埋めにしてしまいます。ちなみに、秦は長平の戦いで最初は「王コツ」と言う人物が将軍でしたが、廉頗が解任されたと聞くと白起を将軍としています。

廉頗が相手だと白起も自分が行っても苦戦すると考えた可能性もあるのではないでしょうか?長平の戦いの頃に戦友とも言うべき藺相如は亡くなったのではないかと思われます。没年が不明なのですが、重病を押して孝成王に廉頗解任をやめさせるように進言したのが最後の記録になっています。

さらに、廉頗は将軍を解任されてしまうと食客たちは、皆、去ってしまいました。威勢がなくなると急に人間関係も冷え込むと言う事を実感したようです。尚、私の見解ですが、長平の戦いの時に孝成王は若く忍耐力が無かったように思います。

父親である趙の恵文王であれば廉頗を起用し続けて最後は勝った可能性もあるのではないかと思います。

廉頗復活

長平の戦いで将軍を解任されると、すっかり威明が衰えてしまいました。

しかし、9年後に復活のチャンスが回ってきます。燕の宰相である栗腹が趙に使者としてきました。この時に、趙の国勢を見た栗腹は燕に帰国するや「趙の成人男性は長平の戦いで戦死しました。趙の若い子供たちは成人していませんから、今が趙を攻めるチャンスです」と燕王に進言したのです。燕王は乗り気になり趙を討つうための兵を出します。これに趙の方では廉頗を将軍に任命して反撃させます。

この戦いで廉頗は見事に勝利を収めて、さらに燕に攻め込み燕の都を囲みます。燕が5つの城を趙に割譲することで廉頗は包囲をやめ帰国しました。この戦いで趙軍と燕軍の兵力差は分かりませんが、燕王の言葉で「5の兵力で1を討つ」と言う言葉があるように、燕軍の方が兵力で言えば圧倒的に有利だったのでしょう。廉頗は大功を立てた事で尉文の地を与えられて信平君と号するようになります。

そして、翌年も燕を攻めて燕の都を囲みました。さらに、魏を攻めて繁陽の地を攻めとります。このように廉頗は孝成王の信頼を掴み富貴の地位に返り咲きます。孝成王の方も首都である邯鄲を囲まれた邯鄲籠城戦や様々な困難を乗り越えて人間的にも長平の戦いの頃よりも成長していたのではないかと思います。

しかし、魏を攻略中の廉頗の元に孝成王が死去したと言う話が入ってきます。自分を信任してくれていた孝成王の死は不吉と言ってよく、将軍職を解任されてしまうのです。この時に、廉頗は頭に来たのか、後任である楽乗を攻撃してから、魏に亡命しました。

自分を信任してくれていた王様が亡くなり将軍が解任された話は、燕の昭王と楽毅の話しとも似ていて、歴史は繰り返すと言うのを感じさせずにはいられません。

活躍が出来ない廉頗

キングダムの漫画の世界だと、秦が魏を攻めた時に、将軍として反撃してきたのは廉頗だと言う話があるのですが、史実だと廉頗は魏王に信任されませんでした。

活躍の機会を与えられないでいたわけです。趙の方でも廉頗に帰ってきて欲しいと使者を出した事がありました。しかし、使者が廉頗は元気でしたが、会見の最中に「三度遺失」などの悪意の報告を趙王(悼襄王)したとされています。裏を言えば廉頗とあった使者を郭開(趙の佞臣)が買収して「三度遺失」という言葉を趙王に報告させました。これにより趙王は「廉頗は年老いた」と思って帰国を許しませんでした。

その後、魏では活躍できない廉頗は楚に亡命します。楚では一度は将軍になったが、功績は立てなかったという記述が史記にあります。

そして、「趙人を用いたいな」と言い寂しい晩年を過ごしたとされています。ちなみに、廉頗は寿春で亡くなったと言う記述があります。名将のちょっと寂しい晩年だったと言う事でしょう。キングダムでは楚に移っても覇気の衰えはないように思いますが、たまに「趙」の事を口ずさむ事もあり、気にかけている事がわかるような気がします。

廉頗の評価

廉頗と言うのは、名将である事は間違いないでしょう。

燕軍の大軍を破った事を見ても間違いなく名将です。しかし、残念な事に廉頗ってどういう戦い方をしたのかの記録がないんです。趙奢で行ったら閼与の戦いが有名ですし、李牧で行ったら匈奴との鳥の羽を広げたような陣形で破った戦いが有名です。

しかし、廉頗って、どういう戦い方をしたのかの記録が全然見当たりません。ただ単に簡潔に戦いに勝った事の記述があるだけです。それが非常に残念に思いました。

しかし、数多くの戦いで勝利を収めて廉頗は間違いなく名将と言ってもよいでしょう。あと、先ほど、郭開という人物を少し書きましたけど、郭開は廉頗を趙の復帰を阻止しただけではなく、李牧を趙王(幽穆王)に讒言して殺させています。このように郭開は趙に取って非常に害のある人物でした。

郭開を趙王は気に入っていたようですし、趙と言う国は滅ぶべきして滅んだと言う事が分かります。

道

Copyright (C) 2016 キングダムと春秋戦国時代の歴史辞典 All Rights Reserved.